このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第1015回

廉価版で節約:

アップル「Apple TV 4K」A15チップはコアが1個少ない説

2022年11月17日 16時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが11月4日に発売した新型Apple TV 4K(第3世代)のA15チップは、iPhone 14より1つコアが少ないバージョンが搭載されているという。デンマークのメディアFlatpanelsHDが11月10日に伝えた。

 同紙がtvOSのTV Infoアプリの情報を調べたところ、新型Apple TV 4KのA15 Bionicチップは通常の6コアではなく1つ少ない5コアバージョンだと判明したという。

 とは言え第2世代のA12チップ搭載モデルと比較して性能は約40%高速化しており、いまのところ利用に問題があるというわけはないようだ。

 おそらくは選別落ちのチップを使うことでコストを抑えているものと思われる。

   

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中