このページの本文へ

KDDI、1枚のSIMで他社モバイル網をバックアップに使えるIoT向けソリューション

2022年11月24日 13時40分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは、IoT機器や広域ネットワークサービス(KDDI Wide Area Virtual Switch2)向けに、1台の端末で複数のモバイル通信キャリアが利用できる冗長化ソリューションを提供。12月23日の提供開始を前に申し込み受付を開始した。

 同ソリューションは、銀行のATMや交通機関のキャッシュレス決済、産業機器の遠隔監視などで用いられることが想定されている。1台のデバイス(ルーター)に2枚のSIMのSIMを差すタイプと、1枚のSIMの両タイプが用意されており、いずれもメイン回線が切断時に、自動的に他社網を用いるバックアップ回線に自動的に切り替わることで、信頼性が高いネットワーク構築が可能になる。バックアップ回線については従量制課金であるため、未使用時には月額費用が抑えられるとしている。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン